【薬剤師、看護師×自己啓発】国試の不安への対処法

薬剤師×自己啓発

毎年2月から3月にかけて国家試験が行われます。

薬剤師の私も国家試験を受けました。

国家試験のその日まで、不安はつきまといます。

きっと不安で潰れてしまう人もいるでしょう。

毎日薬剤師や看護師など医療者になろうと一生懸命勉強しているのに、不安で押しつぶされて国試すら受けられなくなったら元も子もありません。

では、どうしたら良いのでしょうか。

まず、知っておいてほしいことがあります。

それは、

「不安は決して無くならない」

「不安は決して悪いことではない」

ということです。

不安を感じているということは、現状に満足していないことの裏返しです。

それは頑張っている人にしか感じることができない感情です。

自信満々の人が国試に落ちたという話も数えきれないほど聞きます。

満足してしまえばそこで成長は止まります。

だからこそ、

「不安を感じる=成長過程にある」

と置き換えましょう。

紙に書いてみることをお勧めします。

また、不安を考えないようにしようとすればするほど、抜けられなくなります。

どうすれば良いのかというと、

今現在に集中すれば、自然とそれ以外のことが気にならなくなります。

今勉強しているのであれば、不安について考えている暇はないはずです。

不安から頭を離すために、メンタリストのDaiGoさんは究極のマインドフルネスという本の中で、「メンタルクリアボタン」を推奨しています。

これは瞑想と呼吸法の一種です。

私もやっていますが、たった3秒で本当に効果があらわれます。

不安のループの中にいるときは他のことが考えられないような状況に陥っていますが、メンタルクリアボタンに意識が向くことで、不安から離れることができ、落ち着くことができます。

特に看護師さんは普段業務で大きなストレスを受けていると思われます。

是非頭がいっぱいになってしまったりした時には一度冷静になるためにお試しください。

学生さんは国試の勉強で行き詰まってしまった時に是非試してみてください。

スーッと不安が軽くなる感覚を体験できると思います。

勉強や仕事に追われている時こそ、読書など他のことを合間に取り入れて客観的に自分のことをみることができる土壌を作るのはいかがでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました