【薬剤師×旅行】LINE Pay

薬剤師×旅行

最終的にANAマイルに変換できるルート(ソラチカルート)を考える際に、LINE POINTSは通らなければならない道です。

QRコード決済が広まってきた現在において、手間などを考えた際に手軽にANAマイルに変換できることを考えると、

LINE Payを使わない手はないと考えました!!

また、マイルを貯めていない人にとっても、とてもお得な決済方法です。

現在はLINE Payが使えるところでは、LINE Payで支払いを行い、その他のところでは異なる決済方法を用いて支払いを行っています。

そこで、今回はLINE Payについて考えてみます!!

QRコード決済は今後さらに普及していくことが予測されています。

日本では多種多様なQRコード決済が出てきています。

・PayPay

・LINEPay

・楽天Pay

などなど・・・

どのQRコード決済を選べばいいかというのは自身の使い方にもよると思います。

キャンペーンも様々な時期にそれぞれが行うために、時期によってもお得感は変わってきます。

ただANAのマイルを貯めている人からすると、全てをマイルに変換することを考えてLINE Payを使用することを考えても良いのではないでしょうか。

緩陸マイラーとしてはあれこれ考えるのが苦手なので、これ!!と決めて初めてみます。


LINE Payとは?

2018年12月にPayPayが話題となりました。

キャンペーンで100億円ものキャッシュバックがあり、使用した方もいたのではないでしょうか?

PayPayもLINE PayもQRコード決済という分類に分けられます。

電子マネー決済やスマホ決済との並びですね。

LINE Payの支払い方法

LINE Payの支払いには

・LINE Payカードを用いた支払い

・スマホでのQRコードまたはバーコードを用いた支払い

の2種類があります。

なぜLINE Pay?

LINE Payを使用するべき理由としてまず最も重要なのが、LINE POINTSがたまることです!!!

LINE POINTSANAマイルに変換できます。

また、2019年は7月までキャンペーンが行われておりポイントの増量が行われています。

LINE Pay特有のシステムとして、マイカラープログラムというものがあります。

前月の使用金額に応じて翌月のポイント還元率が変わってくるというものです。

LINE POINTSはLINE Payに移行できる

これはすべての人に意義のあるポイントになります。

貯まったポイントはそのままLINE Payに移行できるため、無駄なく使用することができます。

移行も簡単なので、還元率の高いポイントの使用としてはとてもお得と考えられます。

使用例

実際にLINE Payを日常の買い物で使用したときの1例を紹介します。

今回はウォンツで808円(内消費税59円)の買い物を行いました。

レジで提示するのは

・ウォンツのポイントカード

・楽天のポイントカード

・LINE Pay

上記3点になります。

さてポイントはどれだけつくのでしょうか?

・ウォンツ:14ポイント(100円につき2ポイント:還元率2%)

・楽天ポイント:3ポイント(200円につき1ポイント:還元率0.5%)

・LINEポイント:28ポイント(100円につき3.5ポイント:還元率3.5%)

なんとトータルで還元率6%!!!

普段の買い物でこれだけポイントが貯まるのはすごくないですか??

ウォンツはポイント2倍デーも多いので、ちゃんと狙って買い物をすればさらに貯まります。

LINE POINTSに関してはホワイトカラーでとりあえず今の還元率+3%の間はこのポイントが貯まります。

上手に買い物をしていきたいですね!!

まとめ

最後に、QRコード決済はすべての人が今後使用すべき決済方法と考えています。

キャンペーンがいつまで続くかどうかは分かりませんが、ポイントの還元率を考えると使用しない手はありません。

増税の予定もあり、現金払いだけでは出ていくお金が増えていくだけです。

少しでもお得に生活していくためにも、陸マイラーとしてはANAマイルに変換していくためにも、手間があまりかからずに財布も軽くなるQRコード決済を使用していきましょう!!

 

参照:LINE pay ホームページ

コメント

タイトルとURLをコピーしました