【薬剤師×HIV、薬剤師×旅行】間違いない!!サンフランシスコ!!(カストロ地区編)

薬剤師×HIV

ハーヴェイ・ミルク[コレクターズ・エディション] [DVD]

価格:4,000円
(2018/8/4 20:42時点)
感想(0件)

サンフランシスコのカストロ地区。

HIVに関わる人なら知っておきたい歴史上の地区です。

全米のゲイバーが取り締まりを受けている中、サンフランシスコは早い時期から同性愛者が声を上げ、政治にも大きな影響を与えてきました。

有名なのはゲイの市議会議員であるハーヴェイ・ミルクが保守派のホワイトに銃殺された事件です。

この事件をきっかけに同性愛者たちは活動を高め、ミルクは世界中のLGBTの人たちから見ても英雄となったわけです。

そのミルクが店を構えていたのが、昔は労働階級の同性愛者が多くいたカストロ地区です。

レインボーフラッグはLGBTの尊厳と人権運動の象徴であり、カストロ地区は横断歩道もレインボーです。

ハーヴェイ・ミルクが店を構えていた場所も残っています。

ゲイのコーラス団体もあります。

実際に世界エイズデーのイベントにて聴きに行って来ました。

HIVに関わる人であれば一度は訪れてほしい場所です。

週に一度はHIVの迅速検査を行う車もUCSFの研究費で出ているようです。

日本はなかなかここまでできてはいません。

一緒に行った研修仲間が実際に体験しました。

いきなりエイズを減らすためにも検査へのアクセスを良くする施策が必要と思います。

【おまけ】

カストロ地区にあるギリシャ料理店。

日本では食べられない料理が出てきます。

こんなものを売っているお店も。

サンフランシスコに行った際には地下鉄ですぐなので、ぜひ訪れて独特な空気を肌で感じて欲しいところです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました